プレスリリース

 
  • 大人の脳に存在する神経幹細胞はどのように作られるのか? 一生にわたり維持される幹細胞ができる仕組みの解明

    大人の脳に存在する神経幹細胞はどのように作られるのか? 一生にわたり維持される幹細胞ができる仕組みの解明

    1. 発表者:

    原田 雄仁  (東京大学大学院薬学系研究科 特任助教)
    川口 大地  (東京大学大学院薬学系研究科 助教)
    後藤 由季子 (東京大学大学院薬学系研究科 教授/東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構(WPI-IRCN)主任研究者)

    2. 発表のポイント:

    ◆大人の脳に存在する神経幹細胞は、… More

     
  •  
  • 【記者発表】生まれ順が遅い子どもが他者を助けやすい脳神経メカニズムを解明

    生まれ順が遅い子どもが他者を助けやすい脳神経メカニズムを解明

    1. 発表者:

    笠井 清登(東京大学大学院医学系研究科 精神医学分野・医学部附属病院 精神神経科 教授/東京大学国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構(WPI-IRCN)主任研究者)
    岡田 直大(東京大学国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構(WPI-IRCN)特任准教授)
    西田 淳志(東京都医学総合研究所 社会健康医… More

     
  •  
  • 【記者発表】子どもの8人に1人が医療サービスを必要とし、親もストレスを抱えやすい

    子どもの8人に1人が医療サービスを必要とし、親もストレスを抱えやすい

    1. 発表者:

    笠井 清登 (東京大学大学院医学系研究科 精神医学分野/医学部附属病院 精神神経科 教授、東京大学国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN) 主任研究者)
    安藤 俊太郎(東京大学大学院医学系研究科 精神医学分野/医学部附属病院 精神神経科 准教授)
    梶 奈美子 (東京大学相談支援研究開発センター 助教… More

     
  •  
  • 【記者発表】ドーパミン異常と学習・記憶の関係を表す計算モデルの開発に成功 ―精神疾患・運動障害の原因解明に期待―

    ドーパミン異常と学習・記憶の関係を表す計算モデルの開発に成功―精神疾患・運動障害の原因解明に期待―

    ドーパミンの情報伝達は、動物の学習・記憶に重要であると同時に、その異常は統合失調症をはじめとする様々な精神疾患や運動障害の原因となります。しかし、ドーパミンの情報伝達は非常に複雑で様々な要因が関わっているため、総合的理解は難しく、ドーパミンの情報伝達を説明できる計算モデルの開発が進んでいます。今回、自… More
     
  •  
  • 【記者発表】多くの施設で集めた複数疾患の脳画像ビッグデータを一般公開 〜共通の脳回路マーカー開発促進で様々な精神疾患の診断・治療に貢献〜

    多くの施設で集めた複数疾患の脳画像ビッグデータを一般公開〜共通の脳回路マーカー開発促進で様々な精神疾患の診断・治療に貢献〜
    8月30日午前10時(英国時間)にScientific Data誌・オンライン版に掲載
     
    本研究成果のポイント

     医療分野でも、脳のfMRI画像に人工知能技術を活用することで、疾患の診断に用いる試みが盛んになっています。
     本研究グループは、多施設で複数疾患の患者から集めた数千人… More

     
  •  
  • 【記者発表】新型コロナウイルス感染者隔離を終了するのはいつが良い? ~数理モデルに基づいた隔離戦略の提案~

    新型コロナウイルス感染者隔離を終了するのはいつが良い?~数理モデルに基づいた隔離戦略の提案~

    国立大学法人東海国立大学機構 名古屋大学大学院理学研究科(研究当時:九州大学)の岩見 真吾 教授、Jeong Yong Dam(チョン ヨン ダム) 研究員らの研究グループは、米国インディアナ大学の江島 啓介 助教との共同研究で、新型コロナウイルス(COVID-19)感染者の隔離を終了するタイミングを検証するためのシミュレータ… More
     
  •  
  • 【記者発表】超低消費電力AIハードウェアに適した新しいスパイキングニューラルネットワークモデルの提案

    超低消費電力AIハードウェアに適した新しいスパイキングニューラルネットワークモデルの提案

    1. 発表者:

    酒見 悠介 (東京大学 生産技術研究所 民間等共同研究員 (研究当時)/日本電気株式会社)
    森野 佳生 (東京大学 生産技術研究所 特任助教 (研究当時)/九州大学 大学院総合理工学研究院 准教授)
    森江  隆 (九州工業大学 大学院生命体工学研究科 教授/東京大学 生産技術研究所 リサーチフェロー(併任))
    合原 一幸 (東京大学 特別教授・… More

     
  •  
  • 【記者発表】数理モデルによる臨床試験シミュレータを開発-感染症に対する標準治療法の早期確立に貢献-

    数理モデルによる臨床試験シミュレータを開発-感染症に対する標準治療法の早期確立に貢献-

    九州大学マス・フォア・インダストリ研究所の岩見真吾客員教授(現・名古屋大学教授)、名古屋大学大学院理学研究科の岩波翔也助教、米国インディアナ大学公衆衛生大学院の江島啓介助教らは、共同研究により、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の“臨床試験シミュレータ”を新たに開発しました。これにより、抗ウイルス薬剤治… More
     
  •  
  • 【記者発表】脳全体に広がる聴覚応答の新たなネットワークを発見

    脳全体に広がる聴覚応答の新たなネットワークを発見

    1. 発表者:

    多田 真理子(東京大学医学部附属病院 精神神経科 助教)
    笠井 清登(東京大学大学院医学系研究科 脳神経医学専攻 精神医学 教授/
    東京大学医学部附属病院 精神神経科 科長/東京大学国際高等研究所ニュー ロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)主任研究者)
    國井 尚人(東京大学医学部附属病院 脳神経外科 助教[特任講師(病院)])

    2. 発表のポイント:

    ◆ 1秒につき… More

     
  •  
  • 【記者発表】光を用いたスパイキングニューラルネットワークを実現 ~新しい脳型情報処理システムの実現を目指して~

    光を用いたスパイキングニューラルネットワークを実現~新しい脳型情報処理システムの実現を目指して~

    日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下「NTT」)は、国立大学法人 東京大学(所在地:東京都文京区、総長:藤井輝夫、以下「東大」)国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構(WPI-IRCN)副機構長の合原 一幸 東大特別教授(研究開始当時:東京大学 生産技術研究所 教… More
     
  •