研究概要

 

IRCNは4つの連携研究ユニットで構成され、“ニューロインテリジェンス”という新しい学問分野の創成を目指しています。その目標に向かい、各ユニットはそれぞれ他のユニットと共同研究することが求められており、それに必要な研究方針の作成、技術的施設や交流プログラムの提供などはマネージメント部門が相乗効果を促進するべく支えます。各研究ユニット間の関わりについては図をご参照ください。

発生/発達研究ユニットでは、脳の発達、特に神経回路に関わる解剖学、生理学や結合性解析、またそれから生まれる行動にいたるまでの基礎的研究を行います。ここで得られる基礎的知見はAIやニューラルネットワークのより優れた計算モデル作りに貢献し、新しい臨床研究や治療法を推進するためにも使用されます。

技術開発ユニットは、他のユニットの専門的な研究を支えるべく、新しい画像解析ツールや顕微鏡、遺伝子改変技術、蛍光および生物発光プローブを含め、1ニューロンから脳全体も網羅する神経活動を計測・分析するための最先端技術を開発・提供します。

計算論的研究ユニットは、発生/発達研究ユニットと協力し、神経回路形成の仕組みに基づいた計算・解析モデルやAIを作りだします。数理モデルならびにAIを活用することによりビッグデータの体系的解析を可能にし、さらにはそれらの知見を臨床応用に活かせるような研究を進めていきます。

ヒト/臨床研究ユニットでは計算論的研究ユニットと協力し、高次脳機能障害を伴うコホートに対して計算論的精神医学のアプローチを展開していきます。疾患以外にも、健常人における発達過程での研究も推し進め、例えば言語習得を含めた認知機能など、ヒトの知性への理解に迫る研究を実施します。

社会科学や人文科学、さらにはロボティクスも含めた脳神経科学に基づく工学技術とのコラボレーション。これもIRCNが社会と繋がるための重要な責務と考えています。

研究概要