• 【記者発表】多種類でかつ短時間の観測データでも高い精度で将来を予測

    【多種類でかつ短時間の観測データでも高い精度で将来を予測】 ~洪水などの自然災害をはじめとして様々な予測に応用へ~ 1. 発表者: 奥野 峻也(東京大学 生産技術研究所 民間等共同研究員/株式会社構造計画研究所 室長) 合原 一幸(東京大学 生産技術研究所 教授/ニューロインテリジェンス国際研究機構 副機構長) 平田 祥人(研究当時:東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授/ニューロインテリジェン […]
  • 【記者発表】世界初、「脳科学的」英語トレーニングアプリ開発の共同研究を開始(酒井邦嘉連携研究者)

    東京大学とグローバルビジョンテクノロジー 世界初、「脳科学的」英語トレーニングアプリ開発の共同研究を開始 1. 発表者: 酒井 邦嘉(東京大学 大学院総合文化研究科 相関基礎科学系 教授/東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構(WPI-IRCN)連携研究者) 天野 雅晴(株式会社グローバルビジョンテクノロジー 代表取締役会長) ホール 奈穂子(Gabby Communicati […]
  • 2019年12月21日:清華大学AIセンター-IRCN ワークショップ

    詳細は英語ページをご参照ください。
  • 2019年12月19日:IRCNミニシンポジウム

    2019年12月19日木曜日に、ボストンからLaurel Gabard-Durnam博士とPatrick Purdon博士を迎え、IRCNからは駒木文保主任研究者が登壇して、ヒトの脳生理学データ分析に関するIRCNミニシンポジウムが開催されました。シンポジウムでは、麻酔、脳の振動と発達/加齢への影響の分析、計算と脳イメージングを使用して経験が脳に埋め込まれるメカニズムなど、脳機能発達と数理科学の境 […]
  • ツァイ ミンボ主任研究者着任

    2019年12月16日、IRCNにツァイ ミンボ主任研究者が着任いたしました。 詳細につきましては個人ページをご参照ください。 ツァイ ミンボ主任研究者
  • 【記者発表】笠井清登主任研究者『複数の精神疾患に共通する大脳白質の異常を発見』

    【複数の精神疾患に共通する大脳白質の異常を発見】~統合失調症と双極性障害に共通の異常~ 【本発表のポイント】 ●本研究では日本全国での多施設共同研究体制のもと、12の研究機関が連携して、4大精神疾患 (統合失調症、双極性障害、自閉スペクトラム症、うつ病)(注1)におけるMRI拡散強調画像(注2)を用いた大脳白質構造(注3)についての大規模解析を行いました。 ●統合失調症と双極性障害における大脳白質 […]

研究活動

アウトリーチ