PILAFとはPI / AFを表します(真ん中のLはランチも意味します)。 このほぼ毎週行われるセミナーシリーズでは、IRCNの主任研究者(PI)と連携研究者(AF)本人の研究興味や研究室の紹介をお話してもらいます。 研究室主催者から直接、今の研究活動について聞くことを通して、IRCNに所属する研究者およびスタッフ間で目的を共有してコミュニティを構築していきます。 今後は、コアマネージャーや外部のゲスト研究者からも多様な話を聞く予定です。

日時: 毎週水曜日(不定期) 11:00-11:45
場所: 医学部1号館3階 IRCNラーニングセンター



PILAF 14: 2020年2月12日
廣瀬 謙造
“Supramolecular organization underlying presynaptic function””



PILAF 13: 2020年1月22日
岡本 雅子
“The neural bases of olfactory perception:background and research plans”



PILAF 12: 2020年1月15日
小池 進介
“The challenge for clinical application of brain imaging to clinical psychiatry: Data-driven and hypothesis-driven approaches”



PILAF 11: 2019年12月20日
ヘンシュ 貴雄
“How critical periods of brain development arise”



PILAF 10: 2019年12月13日
中山 英樹
“Toward biologically-plausible architectures of artificial neural networks for visual recognition”



PILAF 9: 2019年12月6日
多賀 厳太郎
“Early human development of brain and behavior”



PILAF 8: 2019年11月27日
松崎 政紀
“Toward marmoset neurophysiology”



PILAF 7: 2019年11月20日
國吉 康夫
“Simulating embodied fetal brain development, ASD risk with preterm birth, and effect of learning on information integration”



PILAF 6: 2019年11月6日
岡部 繁男
“Mechanism of synapse formation and remodeling”



PILAF 5: 2019年10月23日
今井 浩
“Introduction to IBM Q quantum computers”



PILAF 4: 2019年10月16日
森田 賢治
“Neurocomputational mechanisms of reinforcement learning and motivation”



PILAF 3: 2019年10月9日
チャオ ジーナス
“Searching for Predictive-Coding Signals in Primate Brain”



PILAF 2: 2019年9月25日
峯松 信明
“Speech technology and its contribution to facilitating and understanding acquisition of L2 and L1”


PILAF 1: 2019年9月11日
尾藤 晴彦
“Multiplex imaging of neural activity and signaling dynamics”