研究者画像

木村 昌由美

研究戦略室

サイエンスライティングコア

特任准教授

Think Global, Act Local – 国際的ネットワークを構築するために

研究概要

20年近くを海外の研究機関で過ごした経験から、競争的な国際的環境に置かれること、また否応なしに母国語以外で対応を迫られることには多大なストレスが伴い、誰にとっても容易ではないことを身に染みて理解しています。しかしながら科学者として大成するには、国際学会等での発表を含め、その専門分野で目立たなければならず、世界的な評価を上げる必要があります。 "Think global, act local"はビジネスの概念ですが、研究者間のコミュニティでも同じように適用できる心得と考えます。研究者としても、また個人的にも満足して国際舞台で活躍するには、相手への文化的理解と尊敬をもって上手にコミュニケーショを取ることに大きく依存すると実感しています。また外国人として生活する場合、その国のやり方や現地の人たちの考え方に倣うことも、そこでの迅速な融合と生産性向上のためには極めて重要です。この地球規模で考え、足元から行動せよという教訓を学び、IRCNに集う全研究者を支援したいと考えています。

研究テーマ画像

主要論文

Gazea M, Patchev AV, Anderzhanova E, Leidmaa E, Pissioti A, Flachskamm C, Almeida OFX, Kimura M. (2018) Restoration of serotonergic homeostasis in the lateral hypothalamus rescues sleep disturbances induced by early-life obesity J Neurosci 38:441 –451.

Kumar D, Dedic N, Flachskamm C, Voulé S, Deussing JM, Kimura, M. (2015) Cacna1c (Cav1.2) modulates EEG rhythm and REM sleep recovery. Sleep 38:1371-1380.

Jakubcakova V, Flachskamm C, Landgraf R, Kimura, M. (2012) Sleep phenotyping in a mouse model of extreme trait anxiety. PLoS ONE, 7:e40625.

Romanowski CPN, Fenzl T, Flachskamm C, Wurst W, Holsboer F, Deussing JM, Kimura, M. (2010) Central deficiency of corticotrophin-releasing hormone receptor type 1 (CRH-R1) abolishes effects of CRH on NREM but not REM sleep in mice. Sleep 33:427-436.

Kimura M, Müller-Preuss P, Lu A, Wiesner E, Flachskamm F, Wurst W, Holsboer F, Deussing JM. (2010) Conditional corticotropin-releasing hormone overexpression in the mouse forebrain enhances rapid eye movement sleep. Mol. Psychiatry 15:154-165.

Kimura M, Kodama T, Aguila MC, Zhang SQ, Inoué S. (2000) Granulocyte-macrophage colony-stimulating factor (GM-CSF) modulates rapid eye movement (REM) sleep and non-REM sleep in rats. J. Neurosci. 20: 5544-5551.

Yu WH, Kimura M, Walczewska A, Karanth S, McCann SM. (1997) Role of leptin in hypothalamic-pituitary function. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 94:1023-1028.

Kimura M, Zhang SQ, Inoué S. (1996) Pregnancy-associated sleep changes in the rat. Am. J. Physiol. 271:R1063-R1069.

略歴

金沢大学理学部生物学科出身(理学修士)。東京医科歯科大学で井上昌次郎教授に師事し博士号(生理学専攻)を取得後、同大の研究室在籍中(1989-2003)にテネシー大学(1989-2003)、テキサス大学(1994-1995)、ルイジアナ州立大学(1995-1996)、チューレン大学(1997-1998)へ留学する。2003年末からドイツのマックス・プランク精神医学研究所においてグループリーダー。博士課程の研究から一貫して、睡眠の液性調節機構に取り組み、感染時やサイトカインによる過剰睡眠の発生機構、妊娠・更年期に生じる睡眠障害の基礎的研究、うつ病ならびにストレスに伴う睡眠障害のメカニズム解明の研究成果が主な業績。2018年6月より東京大学WPIニューロインテリジェンス国際研究機構へ移動。現在は研究戦略室のメンバーとして、日本のアカデミアのグローバリゼーションを手がける。日本睡眠学会評議員、欧州睡眠学会学術委員(2012-2016)、Sleep and Biological Rhythms (Springer) Associate Editor 、分子精神神経医学(先端医学社)編集同人、東京都医学総合研究所客員研究員、新宿交響楽団チェロ奏者。