研究者画像

ヘンシュ 貴雄

機構長/主任研究者/特任教授

ヒト/臨床研究

ハーバード大学 脳科学センター/分子細胞生物学科 教授

ハーバード大学医学部/ボストン小児病院 教授

脳発達における臨界期制御のメカニズム解明とその臨床応用

研究概要

脳の正常な発達には、脳が経験に応じて神経回路を再構成する性質(可塑性)が重要です。可塑性に基づく神経回路網の成熟は、生後の発達初期の「臨界期」という短期間に限定して起こることが1960年代に証明されていました。ところが、臨界期を制御するメカニズムや意義は、脳科学の最重要課題であるにもかかわらず半世紀近く未解明のままでした。そこで私は、神経伝達の抑制、すなわち神経回路網の発達に逆行すると思われる要素に着目し、抑制性ニューロンの機能を失くしたノックアウトマウスを用いて、抑制性ニューロンの成熟が臨界期を制御するという結論を導き出しました。この成果を将来的に、移植脳組織に正常機能を付与するべき脳神経再生医療の発展に繋げていきたいと考えています。

研究テーマ画像

主要論文

Takesian AE, Bogart LJ, Lichtman JW, Hensch TK. (2018) Inhibitory circuit gating of auditory critical-period plasticity. Nature Neurosci. 21:218-227

Kobayashi Y, Ye Z, Hensch TK. (2015) Clock genes control cortical critical period timing. Neuron. 86:264-75.

Werker JF, Hensch TK. (2015) Critical periods in speech perception: new directions. Annu Rev Psychol. 66:173-96. Gogolla, N., Takesian, A.E., Feng, G., Fagiolini, M. & Hensch, T.K. (2014) Sensory integration in mouse insular cortex reflects GABA circuit maturation. Neuron 83: 894-905.

Barkat, T.R., Polley, D.B. & Hensch, T.K. (2011) A critical period for auditory thalamocortical connectivity. Nature Neurosci. 14:1189-1194.

Morishita, H., Miwa, J.M., Heintz, N. & Hensch, T.K. (2010) Lynx1, a cholinergic brake, limits plasticity in adult visual cortex. Science 330:1238-1240.

Yazaki-Sugiyama, Y., Kang, S., Cateau, H., Fukai, T. & Hensch, T.K. (2009) Bidirectional plasticity in fast-spiking GABA circuits by visual experience. Nature 462: 218-21.

Sugiyama, S., Di Nardo, A., Aizawa, S., Matsuo, I., Volovitch, M., Prochiantz, A. & Hensch, T.K. (2008) Experience-dependent transfer of Otx2 homeoprotein into the visual cortex activates postnatal plasticity. Cell 134: 508-520.

Hensch, T.K. (2005) Critical period plasticity in local cortical circuits. Nature Reviews Neurosci. 6: 877-888. Fagiolini, M., Fritschy, J-M., Löw, K., Möhler, H., Rudolph, U. & Hensch, T.K. (2004) Specific GABAA circuits for visual cortical plasticity. Science 303: 1681-1683.

Hensch, T.K & Stryker, M.P. (2004) Columnar architecture sculpted by GABA circuits in developing cat visual cortex. Science 303: 1678-1681. Fagiolini, M. & Hensch, T.K. (2000) Inhibitory threshold for critical-period activation in primary visual cortex. Nature 404: 183-186.

Hensch, T.K., Fagiolini, M., Mataga, N., Stryker, M.P., Baekkeskov, S. & Kash, S.F. (1998) Local GABA circuit control of experience-dependent plasticity in the developing visual cortex. Science 282:1504-1508.

略歴

経歴
1988         ハーバード大学卒業 (Biological Sciences)
1991         東京大学大学院医学系研究科修士課程修了(公衆衛生学)
1996        University of California San Francisco (UCSF)博士課程修了 (Neuroscience)
1996-2010  理化学研究所脳科学総合研究センター 神経回路発達研究チーム チームリーダー
2000-2010   理化学研究所脳科学総合研究センター 臨界期機構研究グループ グループディレクター
2006-     ハーバード大学教授 (Molecular Cellular Biology)
2006-    ハーバード大学医学部 ボストン小児病院教授(Neurology)
2011-     ハーバード大学NIMH Silvio Conte Center for Mental Health Research ディレクター
2017-     東京大学 国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構 機構長 特任教授

賞罰
2001 RIKEN Brain Science Institute Flagship Prize
2001 ブレインサイエンス振興財団 塚原仲晃記念賞
2005 US Society for Neuroscience Young Investigator Award (first from overseas)
2005 NISTEP Award(ナイスステップな研究者 2005)
2006 文部科学大臣表彰 科学技術賞
2007 NIH Director’s Pioneer Award
2016 Mortimer D. Sackler Prize