研究者画像

山口 陽子

研究戦略室

サイエンスライティングコア

特任講師

アカデミアにおける研究組織の開発支援

研究概要

世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)のもと運営されるIRCNは、優れた研究環境ときわめて高い研究水準を誇る「世界から目に見える研究拠点」の形成を求められています。IRCN ORSはその使命に貢献するべく「IRCN組織と研究者」「研究者と研究者」を繋ぐカタリストとして、「知を探求する研究者」のパフォーマンスを最大限に引き出す環境作りに努めなければなりません。そのためには、個々の研究パフォーマンスの特性とともに、組織が抱える文化特性を洗い出し、客観的にIRCNを分析したうえで戦略をたてることが重要となります。その特性を踏まえ我々ORSは、組織支援ならびに研究者支援プログラムを企画・実践してゆきます。

研究テーマ画像

主要論文

Shiraishi-Yamaguchi Y, Sato Y, Sakai R, Mizutani A, Knöpfel T, Mori N, Mikoshiba K, Furuichi T. (2009) Interaction of Cupidin/Homer2 with two actin cytoskeletal regulators, Cdc42 small GTPase and Drebrin, in dendritic spines. BMC Neurosci. Mar 24;10:25.

Shiraishi-Yamaguchi Y, Furuichi T. (2007) The Homer family proteins. Genome Biol. 8(2):206. Review.

Shiraishi Y, Mizutani A, Yuasa S, Mikoshiba K, Furuichi T. (2004) Differential expression of Homer family proteins in the developing mouse brain. J Comp Neurol. 473(4):582-99.

Shiraishi Y, Mizutani A, Yuasa S, Mikoshiba K, Furuichi T. (2003) Glutamate-induced declustering of post-synaptic adaptor protein Cupidin (Homer 2/vesl-2) in cultured cerebellar granule cells. J Neurochem. 87(2):364-76.

Shiraishi Y, Mizutani A, Mikoshiba K, Furuichi T. (2003) Coincidence in dendritic clustering and synaptic targeting of homer proteins and NMDA receptor complex proteins NR2B and PSD95 during development of cultured hippocampal neurons. Mol Cell Neurosci. 22(2):188-201.

Shiraishi Y, Mizutani A, Bito H, Fujisawa K, Narumiya S, Mikoshiba K, Furuichi T. (1999) Cupidin, an isoform of Homer/Vesl, interacts with the actin cytoskeleton and activated rho family small GTPases and is expressed in developing mouse cerebellar granule cells. J Neurosci.19(19):8389-400.

略歴

1998年に東京大学大学院医学系研究科 神経医学専攻 博士課程を修了。博士(医学)。理化学研究所 基礎科学特別研究員、米国スクリプス研究所リサーチアソシエイト、日本学術振興会特別研究員RPD等でシナプス形成の分子基盤について研究。2012年に長崎大学にてURAに転向。2015年から京都大学にて文科省研究人材育成コンソーシアム事業専属URAとして、次世代のPI育成支援プログラムの確立と実践に従事。残りのキャリアを再び神経科学の世界でご奉公できればと2018年からIRCNのURAとして奮闘中。