研究者画像

鹿川 哲史

事務部門長

特任教授

研究行政ならびに基礎脳科学研究のための資金獲得支援

研究概要

これまでの30年間、私は中枢神経系発生制御の分子機構について研究してきました。特に神経幹/前駆細胞から様々な神経系細胞が生み出される仕組みについて、近年ではエピゲノム修飾による神経発生制御について研究してきました。また、研究歴に加えて、文部科学省と日本医療研究開発機構で科学行政に関わる機会がありました。研究者と科学行政の2つの側面からIRCNの活動を支援します。

研究テーマ画像

主要論文

Sudo G, Kagawa T, Kokubu Y, Inazawa J, Taga T. Increase in GFAP-positive astrocytes in histone demethylase GASC1/KDM4C/JMJD2C hypomorphic mutant mice. Genes Cells. 21(3):218-25, 2016.

Bizen N, Inoue T, Shimizu T, Tabu K, Kagawa T*, Taga T*. A growth-promoting signaling component cyclin D1 in neural stem cells has anti-astrogliogenic function to execute self-renewal. Stem Cells. 32(6):1602-15, 2014 (*Co-corresponding Authors).

Shimizu T, Kagawa T*, Inoue T, Nonaka A, Takada S, Aburatani H, Taga T*. Stabilized β-Catenin Functions through TCF/LEF Proteins and the Notch/RBP-Jκ Complex To Promote Proliferation and Suppress Differentiation of Neural Precursor Cells. Mol Cell Biol. 28(24):7427-7441, 2008 (*Co-corresponding authors).

Shimizu T, Kagawa T, Wada T, Muroyama Y, Takada S, Ikenaka K. Wnt signaling controls the timing of oligodendrocyte development in the spinal cord. Dev Biol 282(2):397-410, 2005 (Corresponding Author).

*Moran-Rivard L, *Kagawa T (*Co-first Author), Saueressig H, Gross MK, Burrill J, Goulding M. Evx1 is a postmitotic determinant of v0 interneuron identity in the spinal cord. Neuron 29(2):385-99, 2001.

Kagawa T, Ikenaka K, Inoue Y, Kuriyama S, Tsujii T, Nakao J, Nakajima K, Aruga J, Okano H, Mikoshiba K. Glial cell degeneration and hypomyelination caused by overexpression of myelin proteolipid protein gene. Neuron 13(2):427-42, 1994.

略歴

1992年大阪大学大学院理学研究科博士課程を修了後、1993年から国立共同研究機構生理学研究所助手、米国ソーク研究所博士研究員、2002年より熊本大学発生医学研究センター助教授(准教授に配置換)、2009年より東京医科歯科大学難治疾患研究所准教授。2015年より自然科学研究機構生理学研究所特任教授。この間、文部科学省及び日本医療研究開発機構にて科学行政について研鑽した。2017年より東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構事務部門長・特任教授。