研究者画像

酒井 邦嘉

主任研究者

ヒト/臨床研究

東京大学大学院総合文化研究科 相関基礎科学系 教授

東京大学大学院理学系研究科 物理学専攻 教授

人間の言語、芸術、知性の神経科学

研究概要

人間は本能的に言語を獲得するため、母語にはほとんど個人差が見られません。ところが第二言語には大きな個人差が見られますが、その神経科学的な理由はまだはっきり分かっていません。特に文法に注目してみると、脳活動のみならず脳の構造的な指標は、文法能力の個人差と明確な相関を示します。しかもそれらが示す脳の部位は、すべて「文法中枢」という左前頭葉の一部を含むことが分かってきました。さらに芸術も脳に深く組み込まれた「言語能力」と密接な関係があり、例えば音楽には、言語の音素・語・節・文に対応した、再帰的な構造があります。人間だけが持つ知性や創造性の問題に対して、脳の計算原理から迫るのが目標です。

研究テーマ画像

主要論文

Yamamoto, K. & Sakai, K. L.: Differential signatures of second language syntactic performance and age on the structural properties of the left dorsal pathway. Front. Psychol. 8, 829, 1-13 (2017).

Tanaka, K., Ohta, S., Kinno, R. & Sakai, K. L.: Activation changes of the left inferior frontal gyrus for the factors of construction and scrambling in a sentence. Proc. Japan Acad., Ser. B 93, 511-522 (2017).

Kinno, R., Ohta, S., Muragaki, Y., Maruyama, T. & Sakai, K. L.: Differential reorganization of three syntax-related networks induced by a left frontal glioma. Brain 137, 1193-1212 (2014).

Ohta, S., Fukui, N. & Sakai, K. L.: Syntactic computation in the human brain: The Degree of Merger as a key factor. PLOS ONE 8, e56230, 1-16 (2013).

Sakai, K. L.: Language acquisition and brain development. Science 310, 815-819 (2005).

Tatsuno, Y. & Sakai, K. L.: Language-related activations in the left prefrontal regions are differentially modulated by age, proficiency, and task demands. J. Neurosci. 25, 1637-1644 (2005).

Hashimoto, R. & Sakai, K. L.: Learning letters in adulthood: Direct visualization of cortical plasticity for forming a new link between orthography and phonology. Neuron 42, 311-322 (2004).

Sakai, K. L., Noguchi, Y., Takeuchi, T. & Watanabe, E.: Selective priming of syntactic processing by event-related transcranial magnetic stimulation of Broca's area. Neuron 35, 1177-1182 (2002).

Sakai, K. & Miyashita, Y.: Neural organization for the long-term memory of paired associates. Nature 354, 152-155 (1991).

略歴

1992年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士。同年東京大学医学部 助手、95年ハーバード大学 リサーチフェロー、96年マサチューセッツ工科大学 客員研究員、97年東京大学大学院総合文化研究科 助教授・准教授を経て、2012年より現職。同理学系研究科物理学専攻教授兼任。14年より日本学術会議連携会員。02年第56回毎日出版文化賞、05年第19回塚原仲晃記念賞を受賞。専門は言語脳科学で、人間に固有の脳機能をイメージング法などで研究している。著書に『言語の脳科学』『科学者という仕事』『科学という考え方』(中公新書)、『芸術を創る脳』『高校数学でわかるアインシュタイン』(東京大学出版会)などがある。